2007年05月14日

包茎手術の傷跡

包茎手術の傷跡画像
包茎には真性包茎と仮性包茎、カントン包茎がある。包茎手術が必要なのは真性包茎とカントン包茎、仮性包茎も手術したほうがのちのち見た目がいいです。手術後の痛みはほとんどなく、傷口には自分で包帯をとって、消毒液をたらす。数日間は風呂にははいらずに、傷口ににバイキンがはいらないよう注意する。おしっこをするときは、包帯をはずして行うため、大の便器のほうで尿をすることになる。そのため、学校などに通っている場合は毎回、大のほうで尿をたすことになるため、友達に怪しまれる可能性があるため、できれば長期の休み、夏休みなどを利用して包茎手術を受けるほうが良いでしょう。やはり、簡単な手術といっても、皮膚を切るわけですから、傷口が完全に治るまでには期間が必要です。無理に運動したりすると、傷口が可能したりバイキンがはいったりして、傷口が汚くなったり、傷が目立つようになります。毎日尿を出さなければいけなく、包帯を毎回はずさなければいけないので、包茎手術をする際は、長期の休みを利用しましょう。
posted by 包茎手術体験者 at 02:16| 包茎手術後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトでは、包茎手術の体験談を日記形式で記載しております。 包茎手術の感想や痛み、治療方法や、包茎手術後の消毒方法など、体験を元にこれから包茎手術を受ける方の参考になれるよう、具体的に記載しています。 これから包茎手術を受けられる方の参考になれば幸いです。 包茎とは、陰茎の亀頭が包皮(ほうひ)により被い隠されている状態で、「皮かむり」などともいい、高い頻度でみられ、またいろいろな症状を伴います。 仮性包茎や真性包茎、カントン包茎の3種類がありますが、 包茎なら、包茎手術をしたほうが、精神的にも見た目もよくなります。 最近の医療の発達はすばらしく、傷がめだたない手術方法がありますので、包茎手術をしても見た目の心配はあまり考えなくてもいいと思います。 クリニック選びだけは慎重に選ぶ必要があります!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。