2007年05月05日

包茎手術体験日記を告白

包茎手術体験談を告白

包茎はクサイ、早漏、小さいなどいいことなし
ですが、日本人の60%の男性が包茎というデータが
あります。

真性包茎、カントン包茎、仮性包茎などひとそれぞれありますが
どれも、早期に治療したほうが自分の今後のために
いいと思います。どんなに自己治療したり器具を使用
したりしても、ブッチャケじかんと努力の無駄に
終わってしまう可能性が高いです。
包茎手術はイメージがこわいかもしれませんが、
最近の発達した医療のおかげで、ほとんど包茎手術をしても
傷跡が残りませんし、治療の期間もかなり短縮されました。
どうしようなどといつまでも悩んでいるのもいいですが、
スパッと決心して男になるのもいい事だと思います。
包茎手術経験者より。

posted by 包茎手術体験者 at 09:50| 包茎手術体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトでは、包茎手術の体験談を日記形式で記載しております。 包茎手術の感想や痛み、治療方法や、包茎手術後の消毒方法など、体験を元にこれから包茎手術を受ける方の参考になれるよう、具体的に記載しています。 これから包茎手術を受けられる方の参考になれば幸いです。 包茎とは、陰茎の亀頭が包皮(ほうひ)により被い隠されている状態で、「皮かむり」などともいい、高い頻度でみられ、またいろいろな症状を伴います。 仮性包茎や真性包茎、カントン包茎の3種類がありますが、 包茎なら、包茎手術をしたほうが、精神的にも見た目もよくなります。 最近の医療の発達はすばらしく、傷がめだたない手術方法がありますので、包茎手術をしても見た目の心配はあまり考えなくてもいいと思います。 クリニック選びだけは慎重に選ぶ必要があります!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。