2008年03月01日

真性包茎手術の流れ

包茎手術はできれば誰にも知られてたくない
のは誰でもいっしょ。


そんな男性の気持ちをもてあそぶような悪徳クリニックも
たくさんあります。

こういった業態では、雑誌広告やクリニックのウェブサイトで、「土日・祝祭日も診療(年中無休)」や「完全予約制」など時間的に自由が利くことや「医療ローンあり」(分割払いなど)といったような支払いの不安を和らげるもの、あるいは「男性スタッフのみ」などの男性固有の悩みによる羞恥心を和らげる宣伝コピーを謳うことによって男性患者が来院しやすいようにしている。また、これら業態の特徴として「包茎であることは不潔で恥ずかしいことだ」「包茎は一人前の男ではない」「包茎は女性に嫌われる」と位置付けて、包茎コンプレックスを煽る宣伝活動が挙げられる。医療法で原則、病院の広告は禁じられているが、包茎手術専門クリニックの広告は病院が発行する書籍広告という形式をとり、雑誌に掲載されている。

その中には、本来生殖機能の面で必要のない(手術しなくても性交に支障が出ない)者に対しても手術を勧めるために、不安を煽る情報を与える等の行為や、悪徳商法にみなされる業態も国民生活センターや泌尿器科医師などから報告が挙がっており、社会問題としても取り沙汰されている。うぃきぺでぃあより

雑誌に載っている包茎クリニックや病院は
中には高額な請求をしてくるクリニックもあるので
包茎手術をする前に、しっかりとクリニックの評判や
体験者の声を把握する必要があります。

また、包茎手術後のメンタルケアや相談をしっかりしてくれる
ようなクリニックが理想です。
posted by 包茎手術体験者 at 18:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトでは、包茎手術の体験談を日記形式で記載しております。 包茎手術の感想や痛み、治療方法や、包茎手術後の消毒方法など、体験を元にこれから包茎手術を受ける方の参考になれるよう、具体的に記載しています。 これから包茎手術を受けられる方の参考になれば幸いです。 包茎とは、陰茎の亀頭が包皮(ほうひ)により被い隠されている状態で、「皮かむり」などともいい、高い頻度でみられ、またいろいろな症状を伴います。 仮性包茎や真性包茎、カントン包茎の3種類がありますが、 包茎なら、包茎手術をしたほうが、精神的にも見た目もよくなります。 最近の医療の発達はすばらしく、傷がめだたない手術方法がありますので、包茎手術をしても見た目の心配はあまり考えなくてもいいと思います。 クリニック選びだけは慎重に選ぶ必要があります!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。